2004年11月20日

ペリー・ローダン・シリーズ 2256話『宇宙の停車場』 あらすじ紹介

ツイークラー氏の本シリーズ遺作となった2256話、(元ねたサイト)は
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2256.htm
です。
タイトル、副題は次のとおり
Bahnhof im Weltraum
宇宙の停車場
Auf dem Weg nach Magellan - der Tod geht um in MORGENROT-5
マゼランへの道 −死は 『曙光5』を取り囲む

『曙光』というのはマゼランへの途中に設けた宇宙ステーション(5つあるのでしょうか)、補給とコンバータの交換が主な目的でしょう。 もちろん、休息もアリでしょうが。

つたない訳出は、ほんやくひろばに探検報告してあります。
もちろん、html版は携帯からも読めるはずです。urlは以下のとおり
http://www.e-tc.visithp.jp/rhodan/tanken_rpt/index.htm

で、例によって、お忙氏のために、つまんでみますと

 リチャード・バートンで大マゼランに向かうレジナルド・ブル、グッキー、カンティラン達。

ハイパー嵐で破損したリチャード・バートンのメンテナンスに立ち寄った宇宙ステーションは『曙光-5』。
だが、なにか違和感が。

 ステーションのメンテナンス技術者チリア・パリシュは、仲間が行く不明と通知する。

 多くの乗員はなにか意思をもたぬ『ゾンビ』のようにみえる。
チリアの上司が敵意に満ちた『ゾンビ』にすっかり変化していた。
彼にはなにか、虫刺されのあとのようなものがある。他の『ゾンビ』にも。

 リチャード・バートン(艦)が到着の時、レジナルド・ブルは指揮官の奇妙な行動にすぐに強い疑念をもつ。
 それで、グッキーとカンティランをステーションに派遣する。

彼らが気づいたのは・・・・

posted by ほんやく広場 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1086545

この記事へのトラックバック

new york mortgage broker
Excerpt: refinance mortgage rate <a href="http://mortgage.seeqcom.com/home-mortgage.html">home mortgage</a> mortgage rate calculators <a href="http://mortgage.seeqcom.com/first-home-mortgage.html">first home mortgage</a> refinance mortga..
Weblog: new york mortgage broker
Tracked: 2006-02-17 01:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。