2004年12月29日

ペリー・ローダン・シリーズ 2261話『彼岸の希望』

ペリー・ローダンのドイツ(私の元ねた)サイトから
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2261.htm
に掲載されている内容紹介の訳出終了
いつもどおり、ほんやくひろばに探検報告しておきました。

前回は、ちょっとだけ紹介しましたが、ここで、もう少し・・・

 『剣』が白いクルーザーに曳航されてきたのは カーリャ・アンダグジ(姓)の故郷世界『灰色の波頭』だというが、そこでは戦闘準備まっさかり。
 だが、トラファー将軍にとっては、モタナは狂人のような、役立たずのような。
 ゼフィーダさんの指導力も認められない。
 アトランさんとローダンさんも及びでないとか
 ・・
 
 アルフォニー星団に生き残ったショツイデ達、彼らには問題があった。
 『超繭』に追放以来、12の惑星に陰国家を作っていたが、ハイパーショックにより、通常宇宙に復帰・出現したという。
 そのため、無防備状態だとか。
 サイボーグ種族の攻撃にたえらるのか?

 トラファー将軍のしるところでは、宇宙鯨』は『ハイパーデイモス』とよばれており、無差別攻撃をする。が、『何処から来たのかも、どんな意図を持つのかは知らない。
・・
 さて、アルフォニーでのショツイデたち、追放された200人の子孫だという。
そのため、新しい『血』(つまり、遺伝子)がのぞまれているとか。
 グッドタイミングでロルケーテがこの惑星にきたのです。
 『お種を下さーい』とばかりに、(ようするに種馬ですな)、誘惑三昧。だが、肝心のものが、イヤイヤをしているとか。
・・・
そうこうするうちに、キップ(サイボーグ種族)に惑星『灰色の波頭』が発見され、そして襲われる。キップの巨艦(タイタン)に砲撃を受け灰色の波頭』は壊滅。

だが、それは、囮だった・・・
posted by ほんやく広場 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。