2005年02月14日

ライブドアの堀江さん、大丈夫かなあ、応援しちゃいそう

ライブドアの堀江さん、また、やってくれましたねえ。
拍手してますよ。
今度は、日本放送株35%取得だそうで。
拒否権を持つというのは、すごいことですね。
国連の5大国みたいなものですな。

本音はどこにあるのでしょうねえ。
短期の売り逃げは、(無意味だそうで)、考えてないとか。

日本放送側の対応もみっともないですねえ。
たとえ、どうあれ、『株を35%も取得してくれて、ありがとう』くらい言える度量がほしいですねえ。
フジテレビの対応(とりあえず、日本放送株の25%取得をめざし、双方の議決権をチャラにするとか)も、部分的にはうなづける。
まずは、日本放送を通じての支配を逃れておきたいとおいうことでしょうから。

だけどねえ、『日本放送株が非上場株になれば、株価が下がるから、堀江さんが損をするだろう』
などというのは、『アホ』としか言いようがないですねえ。

フジテレビ側も損をするわけですからねえ。
自分の所の株主への責任をどう考えているのでしょうねえ。

だけどですよ、フジテレビ側はとんでもない落とし穴があることに気づいているのでしょうかねえ。
もし、フジテレビ側が25%取得したとして、さらに株価が下がったとして、堀江さんと村上ファンドが協力したら、どうなるのでしょうね。
現在でも、堀江さんと村上ファンドの持ち株をあわせると50%をこえているはずですから。
75にたいする51としても、圧倒的ですね。
株主総会で、増資を決めたら、どうなるか考えていないのですかね。
日本放送のフジテレビに対する議決権が復活するでしょうね。
それに、堀江さんと村上ファンドの経営支配は圧倒的になりますよね。

もっと、賢く行動できないのでしょうか。
自然体で堀江さんの提案に耳を傾ければいいのですよ。
話し合いの結果、メリットがないということになれば、堀江さんは撤退するでしょうし。
メリットがあれば、当然、日本放送側にもメリットがあるでしょうから、協力すればいいのです。

どうしても、堀江さんの経営参加がいやなのであれば、日本放送は増資して、堀江さんの持ち株比率を下げればいいのですよ。(うまくいくかどうかは、わかりませんけどね)

ま、当面は、堀江さんにエールを送りながら、見守っていきましょう!
posted by ほんやく広場 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1943722

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。