2005年03月13日

ニッポン放送株の第3者割り当て増資の差し止め仮処分請求

ニッポン放送株の第3者割り当て増資の差し止め仮処分請求が認められましたね。
当然といえば当然でしょう。
会社(株式会社)の価値を評価するのは誰でしょうね。
株主に決まってるじゃないですか。
存在価値を決めるのは顧客でしょう。

現経営陣でもフジテレビでもグループ企業でも、社員でもない。

そういう意味でも、司法の判断は間違っていないと思いますよ。

ライブドアーによる時間外取引でのニッポン放送株取得が違法だというなら、告発をするべきでしょう。

皆さんはどう考えてらっしゃるのでしょう?
posted by ほんやく広場 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2399168

この記事へのトラックバック

ライブドアの仮処分申請が認められ新株予約権発行差し止めに
Excerpt: 総合株数を増やしライブドアの比率を下げる作戦に対し ライブドアが「支配権維持のために株を増やすのは不公正だ」と 新株予約権の発行差し止めを求めた仮処分申請で 東京地裁は11日同予約権の発行を禁じ..
Weblog: 星を見る人
Tracked: 2005-03-13 22:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。