2004年11月05日

ペリー・ローダン・シリーズ 2253話 『サイバー猟師』 のあらすじ

ドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2253.htm

より、ペリー・ローダン・シリーズ 2253話『サイバー猟師』の紹介です。

タイトル「 Kybb-Jager 」については、Kybb族はサイボーグ種族ですので、あえて、 「サイバー猟師」としました。

 さて、あらすじですが、「ほんやくひろば」 に探検報告しました。

れいによって、ちくっと、紹介しますと、

−−−タン・ジャモンディになにがまっているのか?!?!−−−

ペリー・ローダンとライレシアは生体クルーザー『グリーン・ムーン』で未だ行方不明だった守護者の残りの3人を救出した。

6人全員にローダンとアトランは守護者への任命を受けるために試験を受けさせようとします。が、 最終決定は パラゴンクロイツがみつからないとできないので、とりあえず、ほっておいて。

ハイタトゥ 、『血まみれ衛兵』、は極めて興味深いことを告げるそうです。

初期の生体クルーザーに似た、モタナ艦隊8000隻を、守護者が没落する前に退避させたということです。 トム・カータイから138光年離れたコア 星系に。

ゼフィーダには、強力な援軍になるというので、 ハイタトゥは出発する。

一方、他の衛兵達は太古の基地や装備の記憶を役立てようとします。

ローダン、アトランそしてゼフィーダは 『剣』 と『血月』で パラゴンクロイツの探索に、タン・ジャモンディ星系に飛ぶ。

そして・・・・そこは、サイボーグ種族の強力基地なのか・・・・

あやうし、ゼフィーダ艦隊・・・命からがらに・・・

 

posted by ほんやく広場 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。