2004年11月14日

ペリー・ローダン・シリーズ 2255話『痕跡』

ペリー・ローダンのドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2255.htm
から、あらすじの紹介の訳出終了。
ほんやく広場に探検報告しておきました。

タイトルは Die DISTANZSPUR
『痕跡』 としておきます。(いずれ訂正するかも)
副題はジャモンディは帰落する − 『剣』の乗員はあらゆる危険にさらされている

ということから、ジャモンディが『超繭(ハイパーコクーン)』から標準宇宙への復帰転落を完了するのでしょうか?

例によって、お忙氏のために、斜め紹介を。

ハヨク艦隊の『フリトヨフ・ナンゼン』(発見者級タイプ2の新造艦でしょう)が観察するのは、キップ・クラナーのサイコロ艦による『超繭』 から落ちてきた未知の構造の船へのを攻撃。
それは、rochenfo"rmige Schiff(がんぎエイ形状の船)、つまり、モタナの生体クルーザー。
テラナーのコマンドチームがその機内で、意識不明の モタナ を発見する。

意識を取り戻したジュリアン・ティフラーらは情報交換をおこない、友好関係を築く。

一方、『剣』では新しい困難に見舞われている。
ゼフィーダらモタナたちの『精神力』が使用不能。
アトランさんの推測では、「大聖堂の近くにサイバー・ノイトロ(精神力中和装置)があるに違いない」
それを破壊するのは、第2形態をとったライレシア。

そして、スターオーシャン全域で空間振動が途方もなく増加する。
すべての キップ・ティタネンは第3惑星、タン・アイス に撤退。
『剣』は 自由にコースをとり、『痕跡』に飛び込む。

ハイパーハリケーンが荒れ狂い、宇宙振動と時空構造のわい曲がカオスをもたらす。そして、『超繭』は完全に解消。

その結果、・・・・

posted by ほんやく広場 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

ユビキャストブロガーがバージョンアップ

ユビキャストブロガーがバージョンアップ0.9.16だそうです。

早速、更新してみました。

前回のバージョンアップでは、投稿後の再取得でエラーが出ていたんですが、今回はどうなってますでしょうか?

ということで、フラクタルと一緒に投稿テストです。

どんなもんでございましょうか?

posted by ほんやく広場 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラファト氏の訃報に思うこと

 また一人、20世紀の証人がこの世を去っていった。
 5年ほど前だったと思うが、アラブとユダヤの対立の根に触れたいと思ったことがあった。こういった問題は、多分、非常にデリケートで、公正な立場での解説書があるかどうかも分からない。それで、なんとなくといった方が近いと思うのだが、手始めに、旧約聖書の現代語訳を買って読んでみた。結局、先の問題の根は分かるわけはなかったのだが、ユダヤ民族については、いくらか、知るを得たと思う。ただし、それが公正なのかどうかはやはり、分からない。ただ、数千年単位で、あたかも、民族のDNAにすり込まれているかのような、『怨』というか『業』という様なものを感じた覚えがある。
 そして、向こうの人と話すときは、歴史の背景(や文化、宗教感)に鈍感ではならないということだった。エジプトなど多神教の世界と唯一絶対神を立てるユダヤ教やキリスト教世界、そしてイスラム世界。聖地をめぐるパレスチナとイスラエルの争い。
 神社仏閣に手を合わせ、クリスマスも祝う、「無節操」な宗教観の私には、推し量ることも難しい・・・・。
 平和が一番とは誰もが思うのでしょうが、『どういう平和か』でもめているのでしょうか?わからない・・・・こと・・・だらけです。
 
posted by ほんやく広場 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

ペリー・ローダン・シリーズ 2255話『痕跡』(仮題)のあらすじが載った

先ほど覗いてみたら

ペリー・ローダンのドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2255.htm

ではあらすじが紹介されてました。

 斜めにみてみますと、久しぶりにジュリアン・ティフラーの登場。

載ってきたのは『発見者タイプU級のフリトヨフナンゼン』でしょうか?読みがいまいちというか、分かりません。

ゼフィーダ(アトランの恋人、モタナの女王)が負傷するのでしょうか?プシ能力を一時的に失うような・・・・

アトランの推測では、どうもサイバー・ノイトロ(中和マシン)が大聖堂の近くにあるらしい。

それで、ライレシアの活躍なのかな?

あとは、後日に

またまた、フラクタルをご覧に入れましょう

posted by ほんやく広場 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユビキャストブロガーが更新されたが、ペリー・ローダン2255話は未だ。

ユビキャストブロガーを起動したら、更新版があるとのことで、早速更新しました。

ペリー・ローダンのドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2255.htm

ではあらすじ紹介はまだのようです。

タイトルはDie DISTANZSPUR
ですが、『痕跡』とだけ訳しておきます。

DISTANZ (距離,間隔,隔たり) +SPUR(足跡,通った跡,轍(わだち);(スキーの)シュプール)
ということなのですが、何が適切なのか、まだ分かりません。

あらすじを読めばわかるかなあ?というところです。
で、副題はJamondi fa"llt zuru"ck - die Besatzung der SCHWERT riskiert alles

機械訳では 「Jamondi は後ろに下がる − この剣の乗員はすべてを覚悟でやってみる」

こんな訳なんですが、zuru"ckfa"llenの意味は後ろへ倒れる、順位が下がる;(競走などで)引き離される、逆戻りするなどですが、ニュアンスとしては、「逆戻り」の方でしょうか。 分からないままに、フラクタル画像をひとつどうぞ

続きを読む
posted by ほんやく広場 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

カニの甲羅で左手が傷だらけ、裏レシピとは

今朝、郷里の兄のところから、カニが届いた。
『花咲ガ二』という、小ぶりの種類で、ちょっと見た目には、まったく別の種類ですが『タラバガニ』のお子様スケール。

『タラバガニ』は足が4対(はさみもいれて)なのでカニではないのですが、『花咲ガ二』は足が5対あります。ただし、見た目には4対です。 小指に相当する位置に退化して小さいままの足が間違いなくついています。
写真は普通サイズです(メス)。どうですか?けっこう小さいでしょう。味は濃厚です。大きいものは2倍位のものもあります。


昔(昭和40年代までは)は大きいものが、よく食べられたのですが、最近はだめですね。乱獲のせいでしょうか?

でも、根室市ではずっと養殖の研究をしており、2004年の春に完全養殖の技術が確立したとの新聞記事がありました。はやlく、 生産が軌道にのって、安くてうまいハナサキカニを大勢の方にたべてほしいですね。塩茹でもうまいですが、カレーライスや鉄砲汁も絶品ですよ。 とにかくあじが濃厚なので、たいがいの味付けには負けることがないでしょう。
 話はもどりまして、写真のようなのが宅急便で10尾送られてきまして、これのうち6尾、身をとりだしました。 もう1尾は鉄砲汁用に足をザクザクに切り分けました。(今晩の食事は、鉄砲汁です。 残りの3尾はよく野菜のおすそ分けや、 春には山菜を届けてくれる友人(妻の)宅に届けました。)

身を取り出すのが、たいへんな作業です。みてもお分かりと思いますが、とげが沢山あるだけでなく、それが、ものすごく固いのです。
甲羅や足は、ハサミできり、箸で取り出します。なれない人の素手だと、間違いなく手に刺さりまくり、血だらけになります。
私も、素手でしたが、左の手のひらがかなり、傷だらけになりました。ささくれのように皮がむけてます。

それでも、これだけの量の身はいろいろに使われますので、これからしばらくが楽しみです。サラダ、チャーハン、スープ、・・・・

さらに、裏レシピをお教えします。

料理ではありません。ダシスープの作り方です。
身を取り出した後の甲羅や足などを大きいなべにいれて、見えなくなるまで水をいれ、中火(沸騰したら弱火で)でじっくり、煮出すのです。
殻に油気がなくなるまでじっくり時間をかけます(最低、3時間以上)。
このだし汁を冷蔵庫に保存しておくと料理の味が引き立ちます。製氷機で氷にしておきますと、長持ちしますし、使い分けが自在になります。
ハナサキガニはとにかく味が濃いので、殻から出るうまみも相当なものです。機会があれば、一度おためしあれ!

 

posted by ほんやく広場 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

ペリー・ローダン・シリーズ 2254話 『不滅の庭師』 のあらすじ

ドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2254.htm

より、ペリー・ローダン・シリーズ 2254話 『不滅の庭師』のあらすじ紹介です。

 今回の独語はわりと読みやすかったので、訳出はそんなに苦労はなかったですが(いつもほどという意味です)。

 タイトル Der ewige Gaertner ですが、ewigeは永遠という訳語もあるんですが、死と復活を繰り返したようなので、 不滅の方がいいかな?と思いました。

サブタイトルでは

 守護者の大聖堂で − 老いた存在が貴重な遺産を守っている。

この老いた存在が『不滅の庭師』ということでしょうか。

訳出は、いつもどおり、ほんやくひろばに探検報告してあります。

ここでは、例によって、ななめ紹介です。

 前話ではゼフィーダ艦長(モタナの女王、アトラン燦の恋人)の操る生体クルーザー『剣』が、『血月』 の犠牲のおかげでなんとか逃げ出せたわけした。

 そして、新銀河暦1332年9月3日、惑星タン・ジャモンディ2に『剣』は降りた。ライレシアは友人たちを大聖堂 ローガン に案内するとのこと。

 ここの技術装備は『キップ族』がパラゴンクロイツの探索のおりに解体しちゃったらしい。

それでも、保存状態は良好。誰かが整備しているのか?

パラゴンクロイツの手がかりが見つからず、だめかという時に、ライレシアが何かを見出す。
それは、太陽電池駆動の小さなロボット。パラゴンクロイツの手がかりがロボットの記憶セクターにあるのか?

 手がかりを得るのにライレシアは援助が必要。それを提供するのはオルリアン・アラー 、かっての古代のトルムスタンの番人。
彼が『不滅の庭師』なのか?

 かれは、数千年を生き延びたという。死からなんどもよみがえって。
そのたびに記憶は留められたらしい、自分の起源を想い出せなくても。

パラゴンクロイツのありか、それは、アルフォニー星団なのか?

 

posted by ほんやく広場 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

ペリー・ローダン・シリーズ 2253話 『サイバー猟師』 のあらすじ

ドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2253.htm

より、ペリー・ローダン・シリーズ 2253話『サイバー猟師』の紹介です。

タイトル「 Kybb-Jager 」については、Kybb族はサイボーグ種族ですので、あえて、 「サイバー猟師」としました。

 さて、あらすじですが、「ほんやくひろば」 に探検報告しました。

れいによって、ちくっと、紹介しますと、

−−−タン・ジャモンディになにがまっているのか?!?!−−−

ペリー・ローダンとライレシアは生体クルーザー『グリーン・ムーン』で未だ行方不明だった守護者の残りの3人を救出した。

6人全員にローダンとアトランは守護者への任命を受けるために試験を受けさせようとします。が、 最終決定は パラゴンクロイツがみつからないとできないので、とりあえず、ほっておいて。

ハイタトゥ 、『血まみれ衛兵』、は極めて興味深いことを告げるそうです。

初期の生体クルーザーに似た、モタナ艦隊8000隻を、守護者が没落する前に退避させたということです。 トム・カータイから138光年離れたコア 星系に。

ゼフィーダには、強力な援軍になるというので、 ハイタトゥは出発する。

一方、他の衛兵達は太古の基地や装備の記憶を役立てようとします。

ローダン、アトランそしてゼフィーダは 『剣』 と『血月』で パラゴンクロイツの探索に、タン・ジャモンディ星系に飛ぶ。

そして・・・・そこは、サイボーグ種族の強力基地なのか・・・・

あやうし、ゼフィーダ艦隊・・・命からがらに・・・

 

posted by ほんやく広場 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユビキャストブロガーがまたバージョンアップ?

 ユビキャストブロガーがまたバージョンアップしたようですね。今回は、「アップデートしますか?」とのメッセージに、「はい」 を選んだら、勝手にインストールしてくれました。

 はたして、うまくいってるのでしょうか?

ということで、これはテストです。

画像もひとつ入れてみます。

続きを読む
posted by ほんやく広場 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

(トホホです)ユビキャストブロガーのアップデートがうまくできなくて

昨日、ユビキャストブロガーのアップデート情報がメールされたので、今日、アップデートした。
 したはずなんですが、インストーラも、アップデートがうまくいったようなメッセージを吐き出したので、安心しタンですが。
いざ、起動させたら、ダメでございました

blogger.exe-エントリポイントが見つかりません
プロシージャエントリポイント
?PageInsert@CExtTabPageContainerWhd@@QAEHPAVCWnd@
@PBGPAUHICON_@@_NH3Z
がダイナミックリンクライブラリubgui.dllから見つかりませんでした

というメッセージがダイアログボックスに出ちゃいました。
前バージョンをF:ドライブに入れているので、同じディレクトリに入れたのがまずかったのでしょうかね?
わかりませんが。
オンラインの説明でも、前バージョンをアンインストール必要ないと書いてあったのですが。
 しょうがないから、アンインストールしてから、新バージョンを入れなおすことにします。なやむより、はやそうだから。結果は、あとで、
posted by ほんやく広場 at 20:24| Comment(19) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やったね田臥選手、NBA初得点

田臥選手がNBA初特典をフリースローであげましたね。

日本人としては、初のNBA参加という快挙の田臥選手ですが、さらに、3ポイントシュートも決めた。

大男に囲まれての活躍に、地元のフアンからも盛んに拍手が贈られていましたよ。

うれしいことですね。

 

続きを読む
posted by ほんやく広場 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うまくいったか?ユビキャストブロガー新バージョンへ切り替え

 アップデートに失敗したので、削除してから、再インストールをしまして、どうやらうまくいったかもしれない。

と、思ったら、いざ実行してみたら、だめでした。

それで、また、削除して、あらためてダウンロードをしようとしたら、なんと!!!!

さらに、バージョンが進んでいるではないですか!!!

それをインストールしたので、ユビキャストブロガー新バージョン(0.9.12)で書いています。

 アップデートが不調だった理由は分かりませんが、これが正常なら、いいんです。

で、画像もひとつ入れてみましょう。
いかがですか?

続きを読む
posted by ほんやく広場 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

ユビキャストブロガーがヴァージョンアップしたそうな

先ほど、メールが届きまして、ユビキャストブロガーがヴァージョンアップしたそうです。

けっこうバグがあったんですね。

明日にでも、早速アップデートしようと思います。

今日はもう眠くて、だめ。

おやすみなさーい

posted by ほんやく広場 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツではペリー・ローダン・シリーズ 2254話 『不滅の庭師』が紹介された

ついこの間、2253話『サイバー猟師』が紹介されていたかと思ったら、もう2254話が掲載された。

今日(3日、水曜日)、ドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2254.htm

を覗いたら、内容紹介が掲載されてました。

2253話のあらすじの辞書引きまでしかヤットランのに。

とりあえず、2254話のあらすじをMSワードにおとしておきましたが。

 今日だって、なにかと、いそがしく、2253話の訳出にも手をつけてないのですよ。
(2253話のあらすじがちょっと難しい)

で、2254話を斜めに読んでみると

 守護者の『ローガン大聖堂』にまつわる話のような感じですね。

パラゴンクロイツは何処ダー、メモリはこけてるらしい(つまり、記録が残ってないのか)

で、うろうろすると、誰がいたの?

それが、「不滅の庭師」?

もしや『墓守』なのかもしれない「不滅の庭師」、とっても長生きだそうです。

その名は オルリアン・アラー 、かっての古代のトルムスタンの番人(守護者なのか?)

(ちょっとおもしろそうだから、2253話を早くやっつけようと決心、・・・とりあえず決心だけ・・・した)

(お詫びのしるしに、フラクタルを1点、掲載します)

 

posted by ほんやく広場 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

うれしいニュースもあったね、『田臥選手』NBA登録

悪い知らせや悲しい出来事の多かった10月があけて、11月。
「ずっと、気にしていた『田臥選手』」のアメリカプロバスケットボールNBA登録のニュースが届きました。おまけに背番号は『1』ですよ!。
 能代工高のバスケットボールチームの『スタイル』がめちゃくちゃ好きで、彼が、卒業後アメリカに留学したニュースに触れたときも、ひそかに、エールをおくっていた。
 「ついに」といいますか、「やっと」と言いますか、NBAに登録!
うれしいですねえ。ほんとに。今日は、乾杯して寝ます。
『カンパーーーーーイ』
posted by ほんやく広場 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

アクセス解析がみられたよ

ただいま、午前9:15分
アクセス解析が、みられましたね。
なつかしい、感じがした。
もしや、集中して、重いかと思ったけど、今のところはそうでもない。
皆さん、お仕事中ですものね。
posted by ほんやく広場 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月1日になったが、アクセス解析は未だできない

日付がかわったので、早速アクセス解析にいったが、まだ、できないようだ。
11月1日を予定と書いているのだから、できないのだったら、訂正するなり、開始時間を掲載するなりして欲しいもの。
 無料だから、強いこともいえないけどね。
 だけど、無料ブログは他にもあるし・・・・
posted by ほんやく広場 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

ペリー・ローダン・シリーズ 2253話『サイバー猟師』

今日(31日、日曜日)、ドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2253.htm

を覗いたら、内容紹介が掲載されてました。

 タイトル Kybb-Jager はサイバー猟師としましたが、Jager には「猟師,狩人;ハンター、狙撃兵、戦闘機」などの意味があるようです。

さて、前話で3人目の衛兵が助け出されたわけです。

6人の衛兵のうち残りの3人の探索はどうなるのでしょうね。

今回は、また新しい船「血月」が登場。

あとは、後日をお楽しみに。

続きを読む
posted by ほんやく広場 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

ネットは不調、アクセス解析は見られない、楽しみ半減以下の1週間だった

今週にはいって、突然、自宅のネット接続がおかしくなってしまった。
自宅は集合住宅(いわゆる分譲マンションタイプ)で、今、有線ブロードバンドがなにやらやっている。我が家も、それに申し込んでいるのだが、さっぱり接続工事をやってない。いい加減、怒りたいところなんですが、先の土、日で説明会がおこなわれた模様。
 当方は、すでに申し込んでほっといてるのですが。
事件は、月曜日の夜のことだった。
いつものように、マイノートPCを立ち上げたら、ネットにつながらない。
最近、LANの接続コネクタがおかしくなっていたので、USBアダプター経由で接続換え。
ところが、これもだめ。
それで、タワーのPCを立ち上げたら、これもだめ。
実は、我が家のネットは、LANでADSLルーターに常時3台、ピークで5台ほど接続している。別のタワーPCを立ち上げたら、これまた、ダメ。
 我が家の電話回線は、ISDNとADSLを1本づつひいている。有線ブロードバンドの方はISDN回線にかぶせるように申し込んだのだが、もしや、ADSLの回線を切り替えられてしまったかと、疑ったりもした。
 ところが、ADSLのモデム(ルータータイプ)のランプは正常についているし、電話ももちろんつかえる。
で、この日は、あきらめて、ねてしまった。
 寝てる間に、啓示をうけて、翌朝、ハブをはずして、ADSLルーターに直結したら、ネットにつながるではないですか!
 これは、ハブがいかれたのかということですな。

それで、昨日ハブを買い求めて、交換しましたら、ちゃんとつながりまして、滞っていた、Windows のUpDateやインターネットセキュリティ関連の更新など、自宅のタワーPC3台のメンテナンスを無事終わったということで、一安心。

 一方、Seesaaブログのアクセス解析は11月1日までStopということで、なんとなく、楽しみがすくなくなっってしまった。
 今週は、ドイツのサイトでも、ペリーローダンの2253話の内容紹介がまだされていないしね。
 楽しみの少ない、1週間ではありました。
posted by ほんやく広場 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

ペリー・ローダン・シリーズ 2252話『ウルスープの世界』

ドイツ(元ねたサイト)
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2252.htm
から、2252話の内容紹介を訳出終了しましたので、ほんやくひろばに探検報告しました。

 ここでは、例によって斜め紹介です。

 タイトル Welt der Ursuppe  『ウルスープの世界』のままの方がいいかなあと。

で、内容はというと

 前話で現世復帰したカティァアネ嬢、彼女は他の4人の衛兵の隠れた惑星を知っているそうな。

 ローダンとライレシアは生体クルーザー『グリーン・ムーン』でタン・ジャモンディ星系に。
 アトラン、カティァアネ、ゼフィーダ は『剣』でオルティッツ星系に向かう。

 このオルティッツ星系はベッシュ(星間貿易を生業とする種族なのかな?)の恒星カタログでは、禁断ゾーンとされているとか。

 キップ・トラーケンの数千の艦隊とその配下の重装備部隊が惑星を監視しているとか。

 カティァアネの深層意識テレパシーは何かに妨害されているのだが、その惑星がエタベ−衛兵ハイタトゥの避難場所に間違いないらしい。

 さあ、どうやって、厳重な監視下で、エタベに着陸するのか。

この、惑星エタベの海は、なんと言いますか、「ウルスープ」、つまり、多くの有機材料の溶け込んだ生命起源の海のようだという。さらに、赤水晶(カルムファット)は溶け込んでいるとか。

この、ハイパークリスタルの放射が衛兵達のテレパシーを妨害したのだそうな。

ついに、衛兵ハイタトゥを発見!

だが、また自己破壊が起こるのか!?

 

posted by ほんやく広場 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。