2005年02月18日

応援しようよ。ライブドアー!

ライブドアーの株価が下がっているね。
堀江さんからの借り株をリーマン・ブラザーズ証券が売り出しだしている(つまり空売り)のも、影響が大きいようだ。

このまま、ライブドアーの株価が下がれば、目一杯下がった辺りで、リーマンブラザースは買い戻すだろう。
これでも、巨額の差益をえるだろうし、さらに、狙いがあるのではないだろうか?
つまり、ライブドアーの転換社債を株式に転換する際により多くの株を入手しようともくろんでいるのだろうか?
もし、ライブドアーの支配権を握れば、間接的に日本放送の支配権をも握ることになるだろう。
ふじテレの日本放送株のTOBが失敗すれば、フジテレビへの影響もあるだろうに。

一方、ライブドアー株の値下がりを機に、フジテレビ側からの、ライブドアー株買収の可能性も出てきたのではないだろうか?
この裏に、リーマンブラザースがからんでいたらと思うとゾッとするものがある。

堀江さんをリーマン・・・の傀儡に終わらせないために、応援しようよ。
ライブドアーを買おう。みんなで買えば、怖くない!
みんなで堀江さんを応援しようよ!

と、思うのは、わたしだけ?
そんな、ことないよね?!
posted by ほんやく広場 at 22:23| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

ライブドアの堀江さん、大丈夫かなあ、応援しちゃいそう

ライブドアの堀江さん、また、やってくれましたねえ。
拍手してますよ。
今度は、日本放送株35%取得だそうで。
拒否権を持つというのは、すごいことですね。
国連の5大国みたいなものですな。

本音はどこにあるのでしょうねえ。
短期の売り逃げは、(無意味だそうで)、考えてないとか。

日本放送側の対応もみっともないですねえ。
たとえ、どうあれ、『株を35%も取得してくれて、ありがとう』くらい言える度量がほしいですねえ。
フジテレビの対応(とりあえず、日本放送株の25%取得をめざし、双方の議決権をチャラにするとか)も、部分的にはうなづける。
まずは、日本放送を通じての支配を逃れておきたいとおいうことでしょうから。

だけどねえ、『日本放送株が非上場株になれば、株価が下がるから、堀江さんが損をするだろう』
などというのは、『アホ』としか言いようがないですねえ。

フジテレビ側も損をするわけですからねえ。
自分の所の株主への責任をどう考えているのでしょうねえ。

だけどですよ、フジテレビ側はとんでもない落とし穴があることに気づいているのでしょうかねえ。
もし、フジテレビ側が25%取得したとして、さらに株価が下がったとして、堀江さんと村上ファンドが協力したら、どうなるのでしょうね。
現在でも、堀江さんと村上ファンドの持ち株をあわせると50%をこえているはずですから。
75にたいする51としても、圧倒的ですね。
株主総会で、増資を決めたら、どうなるか考えていないのですかね。
日本放送のフジテレビに対する議決権が復活するでしょうね。
それに、堀江さんと村上ファンドの経営支配は圧倒的になりますよね。

もっと、賢く行動できないのでしょうか。
自然体で堀江さんの提案に耳を傾ければいいのですよ。
話し合いの結果、メリットがないということになれば、堀江さんは撤退するでしょうし。
メリットがあれば、当然、日本放送側にもメリットがあるでしょうから、協力すればいいのです。

どうしても、堀江さんの経営参加がいやなのであれば、日本放送は増資して、堀江さんの持ち株比率を下げればいいのですよ。(うまくいくかどうかは、わかりませんけどね)

ま、当面は、堀江さんにエールを送りながら、見守っていきましょう!
posted by ほんやく広場 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

不安が的中、だが、最後に安心。日本サッカーはまだまだ『泣き』が足りない

不安が的中したようだ。
後半が始まって、北朝鮮のミラーリングパスに翻弄されて1点を取られてしまった。
これは、まずい!
下手すりゃ、負けまであるか・・・・
ところが、助かったことに、相手は、引き分け狙いになったようで。
ロスタイムも残りわずかで、1点ゲット

浮かれている、選手にジーコ監督から、早く戻れと、指令が飛ぶ

なんとか、勝てて、よかった・・・けど
日本サッカー、まだまだ泣きが足りない。

あ、お迎えコールが・・・
プツン
posted by ほんやく広場 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本VS北朝鮮 日本1点リードで折り返し

先ほどから、ハイビジョンでサッカー観戦中。
早々と日本が1点をゲット。

だけど、日本選手の動きが悪い感じがします。
なんか不安ですね。

後半、どんな展開になるのか。
ハラハラしながら、見ることになるのでしょうか?
posted by ほんやく広場 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

NHKのタクシー代、年間43億円だって!?

テレビの報道によれば、NHKのタクシー代、年間43億円!?
職員1人当たり、およそ40万円/年相当だそうです。

ほんとにタクシーに、乗ってるの?
金券ショップに持ち込んで、裏金作りでもしているんじゃないかと、つい、疑ってしまう。

タクシーチケットをまとめて、貰った人が、持ち込むことも考えられますね。

そうなら、賄賂みたいなものになるんじゃないの?

どうなってるのか、実態に、興味はありますね。
そのうち、明らかになるんでしょうね。きっと!
posted by ほんやく広場 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

ペリー・ローダン・シリーズ 2263話 『宇宙よりいずるもの』

ペリー・ローダンのドイツ(私の元ねた)サイトから
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2263.htm
に掲載されている内容紹介の訳出終了(今回は訳出がずいぶん、遅れてしまいましたが、)
いつもどおり、ほんやくひろばに探検報告しておきました。



 さて、例によって、お忙氏のための、ななめ紹介です。

前話2262話の続きになりますが・・・さて。

『剣』の一行は惑星『灰色の波頭』に連れてこられたわけです。

 そして、キップ族の艦隊は、この周辺を探索中なのですね。

(今回のドイツ語はよくわからないところが多かったので、誤訳が多いかも知れません。
 ご指摘をお願いします)

キップ艦が惑星『灰色の波頭』に近づいたとき、水中の自動機構がはたらき、その船を破壊してしまう。
そして、キップらのシルクハット円盤が、恐るべきモトクロンを乗せ、灰色の波頭』にやってきた。
「モトクロン」とは フンデルトノインという名前の、自発的意思を持った、ロボット・アンドロイド複合体である 。
みかけは2本の腕と2本の足で直立歩行するトカゲを思わせ、その身長2,9メートル、2メートルの体幅、そして1.95トンの体重。
さらに、恐れるべきはその武器、『モトショック』。

フンデルトノインによる多くのショータ・マガーテの死は、カーリャ・アンダグジ にショック療法となって、そして憂うつと無気力から最終的に彼女らを解き放つ。
カーリャ・アンダグジはゼフィーダを星の女王として認める。
 ゼフィーダは影の国家の軍隊の最高司令官として求められる。
 ライレシアは拒否権を持つアドバイザーの役割を得る。
 結果として、ゼフィーダは ジャモンディの自由な人々、影の国家とテラナーの連合を叫ぶ、 すなわち道義的同盟。

ということだそうだが、もう少し詳しい内容は、ほんやくひろばでお読みくださいませ
posted by ほんやく広場 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

ドイツのe-book販売サイトが閉店したようだ

 ペリー・ローダン・シリーズのe-bookも扱っている、debi.deが12月に閉店してたようです。

  ペリー・ローダン・シリーズ 最新刊のあらすじ紹介がおくれてます。年末から、本業が忙しくて、2263話のあらすじの辞書引きまではしたのですが。
訳出がまだです。そうこうしているうちに、ドイツでは、2265話まで内容紹介がすすんでいます。
 とりあえず、ワード化まではしてあるのですが、・・・・、この分だと、まだしばらくかかりそう。

 それはそうと、さきほど、久しぶりにペリー・ローダンのe-book販売サイト(dibi.de ドイツ)を覘いたら、12月に閉店したそうです(知らんかった・・・)。
春に、別のショップがオープンするらしい。
 dibi.de ではVorkasse(プリペイドみたいです)かVISAカードで支払うのdすが、今度の、ショップでは、Vorkasseは繰り越されないらしい。
 「もし、クレジットの購入残がある人がいたら、info@dibi.de にメールをください」というようなことが掲載されてました。
 私は、Vorkasseなるものが、よくわからなかったので、VISAカードで購入してましたから、詳しいことはわからないのですが・・・。

 最新e-book版は2256話から、未購入なのですが、全文翻訳はなかなかできないので、まあ、しばらくはあらすじサイトと手持ちe-bookで「手一杯」ですから・・・・。
posted by ほんやく広場 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

今日もウイルスメールが

昨日に引き続き、今日もウイルスメールらしきものが、公開アドレスに何通も飛んで来てます。
昨日と同じように、ショートカットが添付されています。

ショートカットはほとんどが .pifタイプへのものです。
1つだけ、mail#####.zip(#は数字)が添付されているのがありましたが。

いずれも、送信アドレスは全く不明。
おまけに、メールサーバーからのような件名がついています。

ささっと削除しましたが、みなさんもご注意なされませ。
posted by ほんやく広場 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

新年早々のウイルスか?

今日届いたメールの中に、ネットスカイ.Qか亜種へのショートカットを添付したものがありました。


本文は以下のとおり

Mail Delivery Error - This mail contains unicode characters

------------- failed message -------------
らんだむなのか
文字化け
しているのか
意味不明が4行ほど

Received message has been sent as an encoded attachment.


以上のようなものが2通きましたよ。

それで、添付ファイルは
message####.pifへのショートカットのようです
(####は数字です)

ショートカット自体はウイルスでもワームでもないから、アンチウイルスも反応しないのですね。

危ないから、もちろん開いたりしません。
そして、
googleで検索すると、「Netsky.Q」か亜種の類のようです

きっと、開くと、ワームに感染するのでしょうね。


今回、送られてきたのは、
あたかも、こちらの公開アドレスのひとつから別の公開アドレスへ、送ったメールに不具合があったのかのようによそおっているのがひとつ。

それと、こちらの公開アドレスのひとつに別のかたから、送ったメールに不具合があったのかのようによそおっているのがひとつです。


「Netsky」系のウイルスは、感染してしまうと、駆除した後にレジストリを修復しなければならないらしいから、とにかく、感染しないようにするのが肝心ですね。
それに、送信者をなりすましてきますから、感染者に警告することもできない。

迷惑極まりない!

公開アドレスが使われていることから、この、ブログを最近読まれた方のPCが感染している可能性が高いと思われます。(意図的とは思いたくないです)

私の、知り合いでも、ウイルス対策をしてない方がけっこういらっしゃるのです。
以前は、なりすましがなかったので、感染したらすぐ連絡があったのに。

最近は、なりすましのため、感染している方の自覚がないと、なかなか、対応されない。

もしかしたら、このさき、当方の公開アドレスをかたって、なりすましメールが、飛び回るかもしれないと、思うと、頭がいたくなる。

皆さん、くれぐれも、ウイルスメールにはご用心を!



posted by ほんやく広場 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

ペリー・ローダン・シリーズ 2262話『潜水建築家』

 新年おめでとうございます。
 いつも場ログを見てくださってありがとうございます
 2005年も見てやってください。

ペリー・ローダンのドイツ(私の元ねた)サイトから
http://www.pr-materiequelle.de/begriffe/hefte/a1/p2262.htm
に掲載されている内容紹介の訳出終了
いつもどおり、ほんやくひろばに探検報告しておきました。

 さて、例によって、お忙氏のための、ななめ紹介です。

ゼフィーダ嬢の指揮する生体クルーザー『剣』が、遷移艦に曳航されてきたのは、惑星『灰色の波頭』、今度は、替え玉惑星ではなく、本物のようです。
 この惑星には巨大な『くらげ』がいるらしいが、これは、遺伝子操作で作られたものらしいですね。
 それと『トロン・エリー』とよばれる、ちょっと変わったヒューマノイド、がすんでいる。
 えら呼吸をし、海中を羽ばたく羽をもっているとか。
 彼らが、潜水建築家なのでしょう。

 ここの海底にはT型クルーザーの生産工場があるとか。そして、かっては生体クルーザーも生産したことがあるとか・・・

 エー、今回は、ロルケーテ君、がんばって、自発的に種馬の役目を果たしたとか。
 これで、遺伝子の多様性もいくらか確保されることになったのでしょうね。

・・・
ついに、キップ族に『灰色の波頭』がみつかっちゃたのでしょうか?
アルフォニー(星団) への生体クルーザーの到着はばれてしまい、
 敵はすべてを投入し、『剣』を追いたてる…

posted by ほんやく広場 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。